ブログ

実るほど頭を垂れる稲穂かな

このお盆、台風で大変でしたね。
看板、ポスターなどご迷惑おかけしておりませんでしょうか?
さて。田んぼをみると、もう稲穂が実を実らせ始めています。
稲の穂は実るほどに穂先が低く下がるものです。
人間も本当に偉くなればなるほど、謙虚な姿勢で人と接することが大切ですね。

さて、子育てもできるだけ負担を少なくしていきたいものです。
一番大変なのはいつでしょうか?
もちろん、人により違いはございますが。
0~2歳は、とにかく睡眠不足や体力的にしんどい。
小学校入学前頃には、一人でできることが増え、経済政策も進み負担は少し減ります。
小学校低学年、比較的経済的にも楽な時期との声もあります。

ここからなんです、塾、習い事、部活等の教育費、つまり経済的に負担が増します。

親としては、自分の生活を犠牲にしても子どもの教育はしっかり受けさせたいし、
将来の進む道を選択する選択肢として、様々な経験をさせてあげたいとも思います。

もちろん、どの世代でも子育ては大変ですが、できるだけ負担を軽減させ、しっかりと考えられる大人に育ってほしいと思います。

どうすれば、限られた予算で、政治で支援できるのか?考えてまいりましょう。

関連記事

PAGE TOP