お知らせ

コロナ禍でも…みんなで子育て

長引くコロナ禍…子育て世帯にとって子ども食堂は、安らぎを感じられる、新しいお友達との交流が生まれる場所ですよね。

また、家庭の経済状況によりお腹を空かした子どもをなくす!虐待(ネグレクト)防止の意味もあります。

写真はコロナ禍前の山本ただすけ代表もお世話になっている子ども食堂です。豪華でしょ。

予定より大勢の子供が参加され、急遽メニュー考え追加されていました。

ですが、コロナ禍の今、再開を待ちわびる子どもも、運営者も…。 いったん再開しても参加申込みのない日もあったとか。

感染対策を万全にして、次世代を育てる和歌山にしたい。

そんな想いではじめた砂山公園幼児用プール 

大勢の子どもたち、そして多くのママ友パパ友できました。

  こんな身近なちょっとした交流から『子育て』、子どもの『子育ち』も変わるんだ!!

ワンオペなんて言葉なくしたい。

そのためにも 山本ただすけ代表、先頭に 子そだて支援の政策と実行 進めます。

みなさんのお知恵もお貸しくださいませ。

PAGE TOP