お知らせ

みんな違って みんないい

まだまだ大勢の感染者、アマビエ様にお祈りしながら、手洗い、うがい忘れずにお願いします。

「アマビエさま」とは、江戸時代、熊本の海に現れ、向こう6年の豊作と疫病の流行を予言し、 「疫病が流行ったらわたしの写し絵を早々に人々に見せよ」と言って海中に姿を消した、 鳥のようなクチバシを持つ半人半魚の妖怪だそうです。

疫病だけではなく、戦争、急激な円安に物価高…この「混沌(カオス)」の世の中なんとかならないかなぁと考えていたら、駐車場にコスモス発見!

「混沌(カオス)」の対義語は「宇宙」 コスモスの花は、一見、宇宙と関係なさそうにも思えますが、その秩序の保たれ方や、均一なバランスに広がる花弁には、宇宙と通ずる部分があるのかもしれませんね。

ところで、コスモスの色って何色?

花言葉も色によって違うみたいです。

赤 「乙女の純情」「調和」 白 「優美」「純潔」 ピンク 「乙女の純潔」 黄オレンジ 「自然美」「野性的な美しさ」「幼い恋心」 紫 「乙女の純情」「調和」 黒 「恋の終わり」「恋の思い出」「移り変わらぬ気持ち」

でもでも、それぞれに違いはあるけど人の心を癒してくれます。

立憲民主党の綱領にも

一人ひとりが個人として尊重され、多様な価値観や生き方を認め、互いに支え合いつつ、すべての人に居場所と出番のある共生社会を構築します。

とか

あらゆる差別に対し、断固として闘います。 性別を問わずその個性と能力を十分に発揮することのできるジェンダー平等を確立するとともに、性的指向や性自認、障がいの有無、雇用形態、家族構成などによって差別されない社会を構築します。

とあります。

また、9月14日は「コスモスの日」と制定されています。

ホワイトデーから半年経ったこの日が「コスモスの日」と呼ばれるようになったといわれています。

みんなを認め合う社会の実現!頑張ります。 コスモスとともに

PAGE TOP